オルニチンとタウリンで脂肪肝対策

オルニチンとタウリンで脂肪肝対策|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンとタウリンで脂肪肝対策

肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれ、少々の負担には機能を維持する強さを持っていますが、食べ過ぎや飲み過ぎ等で酷使しすぎると、知らない間に、脂肪肝や肝硬変などの病気が進行していることもあります。それらの生活習慣病を防ぐためにも、普段から食生活を中心に生活習慣の改善が大切になります。また、普段から、アルコールの飲み過ぎ等で肝臓に負担をかけていることを自覚している方々は、定期的な肝機能検査を受けられることをお勧めします。

 

最近は、生活習慣病の予防の観点から、オルニチンやタウリンといった、肝臓の働きをサポートするサプリメントが販売されています。これらのサプリメントを摂取しながら生活習慣を改善していくことによって、肝機能の維持し、生活習慣病を予防することができます。ここでは、生活習慣病の一つである脂肪肝への対策として、オルニチンとタウリンの働きをご紹介します。

 

オルニチンによる肝機能のサポート

オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれ、血流に乗って体内を巡っており、肝臓において、アンモニアの解毒という重要な働きに関わっています。この解毒システムは、オルニチンサイクルと呼ばれ、アンモニアにオルニチンが結合することによりスタートし、最終的に尿素として体外に排出されます。

 

このオルニチンサイクルがスムーズに機能することにより、肝機能全体が活性化するのです。このように、肝機能が弱っている時に、オルニチンを補ってやることによって、肝機能全体を活性化することが可能になります。

 

脂肪肝では、食べ過ぎ、飲み過ぎによって肝臓に負担がかかっていることが多いので、肝臓の働きをサポートするためにも、オルニチンサプリの摂取は効果的でしょう。

 

タウリンによる肝機能のサポート

タウリンは、肝臓に蓄積されたコレステロールや中性脂肪を体外に排出する働きがあります。中性脂肪が肝臓に過剰に溜まる脂肪肝には、うってつけの成分と言えるでしょう。また、タウリンは、アルコールの分解を助ける働きがあるため、二日酔いの症状を和らげる効果もあると言われています。

 

このような肝機能をサポートするオルニチンやタウリンは、普段の食事からでも補うことができますが、肝機能を改善するには少量なので、効率的に摂取する為にもサプリメントの利用をお勧めします。食生活やアルコールの摂取を控える等、生活習慣の改善と共に、サプリメントの利用で脂肪肝などの生活習慣病の予防に努め、健康な毎日を送りましょう。