脂肪肝の原因と症状

脂肪肝の原因と症状|サプリメントはオルニチン大学

MENU

脂肪肝の原因と症状(アルコール性と非アルコール性)

脂肪肝は、その名の通り、肝臓に脂肪が溜まる病気です。食事で摂取した脂肪は、小腸で脂肪酸という物質に分解されます。そして、その脂肪肝は、肝臓に送られ、肝臓で中性脂肪に作り変えられ蓄積されます。健康な肝臓では、3〜5%の中性脂肪を含んでいますが、5%以上の中性脂肪が蓄積されている場合を脂肪肝と呼びます。

 

男性は、若い年代から中高年まで幅広く発症しますが、女性は若い年代には少なく、閉経後の更年期以降に増える傾向にあります。この脂肪肝の原因をいくつか紹介します。

 

アルコール性脂肪肝

アルコール性脂肪肝は、文字通り、過剰なアルコールの摂取によって起きる脂肪肝です。アルコールが肝臓で分解される時に、中性脂肪が合成されやすくなることが原因として考えられます。

 

脂肪肝の中でもかなりの割合を占めますが、近年は減少傾向にあると言われています。

 

非アルコール性脂肪肝

アルコールの過剰な摂取が原因ではなく、生活習慣によって引き起こされる脂肪肝のことを言います。脂肪分や糖分が多い食事や食べ過ぎ、運動不足により、肝臓に中性脂肪が溜まっていきます。

 

また、急に激しいダイエットを行うことによって、脂肪を体外に排出しにくくなり、肝臓に脂肪が溜まってしまうこともあります。ダイエットを頑張ってやせたとしても、栄養バランスを崩すと脂肪肝になり、症状が進行すれば、脂肪性の肝炎になることもあるので注意が必要です。

 

この脂肪性の肝炎は、患者数にして100万人にのぼるとも言われています。このような生活習慣に依存して起こる非アルコール性脂肪肝は、近年増加傾向にあり、警戒されています。

 

また、脂肪肝の原因としては、肥満や糖尿病も挙げられます。肥満も、脂肪肝の原因の中でもかなりの割合を占めますので、注意が必要です。また、脂肪肝の合併症としては、動脈硬化や高血圧、高脂血症が挙げられます。

 

脂肪肝のなりやすさについては、遺伝や体質の個人差も影響していると言えるでしょう。とはいえ、脂肪肝の根本的な解決は、やはり食生活や運動を中心とした生活習慣の改善による体質改善です。

 

バランスのよい食事と頑張らずに長時間続けられる運動(有酸素運動)は、体脂肪を減らすのに効果的です。体質改善に長期的に取り組みながら、生活習慣病の予防に努められるとよいでしょう。脂肪肝は、なかなか自覚症状がありませんので、日頃から肥満体質やアルコール摂取量の多さを自覚されている方は、定期的に肝機能の検査を受けられることをお勧めします。