脂肪肝とアルコールの関係

脂肪肝とアルコールの関係|サプリメントはオルニチン大学

MENU

脂肪肝とアルコールの関係

脂肪肝は、アルコールの過剰摂取が原因であるタイプと、生活習慣が原因であるタイプの大きく2つに分けられます。全体の割合では、アルコールによるタイプが多いですが、近年では、生活習慣によるタイプも増加傾向にあり、アルコールをそれほど摂取する習慣がない方も、食生活が偏っていたり、肥満や糖尿病などの体質の方は、油断できません。

 

では、アルコールを摂取し過ぎると肝臓にとってどのようなダメージがあるのでしょうか?

 

肝細胞の破壊

アルコールの過剰摂取、過労などによって、肝臓を構成している肝細胞の破壊が進みます。

 

肝細胞の中で本来働いているGOT(あるいはAST)やGPT(あるいはALT)などの酵素が、肝細胞の外に出て行きます。血液中のGOTやGPTの数値を測定すると、これらの数値が高くなっていることがわかります。つまり、肝機能検査で、GOTやGPTの数値が高いということは、肝細胞が破壊されていることを意味しているのです。

 

肝細胞の修復

GOTやGPTの数値が小さくなれば、肝細胞が修復されたことを意味します。肝細胞の修復には、タンパク質合成の能力を上げることが必要です。タンパク質合成には酵素が関与しており、これらの酵素を活性化することが肝臓の修復に効果的です。これらの酵素を活性化する栄養素は、亜鉛などのミネラルやビタミン12が挙げられます。

 

これらの成分を豊富に含む食品として牡蠣が挙げられます。牡蠣のエキスを凝縮したサプリメントもありますので、試してみるのもよいでしょう。

 

中性脂肪の生成

また、アルコールが分解される時には、中性脂肪が生成されやすくなります。これが、脂肪肝の原因になります。脂肪肝だと分かったら、まずアルコールを断つことが必要です。

 

中性脂肪の排出を助ける成分として、タウリンが挙げられます。最近は、タウリンを凝縮したサプリメントも販売されているので、それらを利用することも、脂肪肝には効果的でしょう。

 

また、肝臓に中性脂肪が溜まっている場合は、食べ過ぎや食生活の偏りによって、肝臓に負担がかかっている場合が多いです。そのような場合に、肝機能をサポートするために、オルニチンと呼ばれる成分も効果的です。オルニチンは、しじみやチーズなどに豊富に含まれる成分ですが、食品で摂取する量は限られています。オルニチンを凝縮したサプリメントも販売されていますので、効率的にオルニチンを摂取することも可能です。

 

タウリンやオルニチンのサプリメントの効き目には個人差があります。サプリメントを利用する際は、自分に合った量やタイミングを探りながら、健康維持に役立てましょう。