脂肪肝の原因と対策

脂肪肝の原因と対策|サプリメントはオルニチン大学

MENU

脂肪肝の原因と対策

脂肪肝は、その名の通り、肝臓に脂肪が溜まる病気です。食事で摂取した脂肪は、小腸で脂肪酸という物質に分解されます。そして、その脂肪肝は、肝臓に送られ、肝臓で中性脂肪に作り変えられ蓄積されます。健康な肝臓では、3〜5%の中性脂肪を含んでいますが、5%以上の中性脂肪が蓄積されている場合を脂肪肝と呼びます。...

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、多少の損傷があったとしても機能し続けることで知られています。そのため、脂肪肝もまた、自覚症状が出にくいので、なかなか発見することが難しいと言われています。自覚症状が出たときには既に手遅れになってしまっていることも多いでしょう。肥満体質であったり、アルコールの摂取量がか...

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が過剰に溜まった病気です。正常な肝臓では、中性脂肪の割合が3〜5%ですが、5%以上になると脂肪肝となります。アルコールの過剰な摂取や、食べ過ぎや食生活の栄養バランスの偏りなどが原因として挙げられます。病院で脂肪肝と診断されると、糖尿病や高脂血症の治療薬を処方されることが多いで...

脂肪肝は、生活習慣病といっても過言ではないでしょう。運動を全くせずに、糖質や脂質の多い食事ばかりを摂ったり、飲み過ぎや食べ過ぎの生活を続けたりしていると、いつの間にか肝臓に負担をかけていることが多いです。肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれるだけあって、多少の負担には強く、機能も維持し続ける臓器であるため、脂...

肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれ、少々の負担には機能を維持する強さを持っていますが、食べ過ぎや飲み過ぎ等で酷使しすぎると、知らない間に、脂肪肝や肝硬変などの病気が進行していることもあります。それらの生活習慣病を防ぐためにも、普段から食生活を中心に生活習慣の改善が大切になります。また、普段から、アルコ...

脂肪肝は、アルコールの過剰摂取が原因であるタイプと、生活習慣が原因であるタイプの大きく2つに分けられます。全体の割合では、アルコールによるタイプが多いですが、近年では、生活習慣によるタイプも増加傾向にあり、アルコールをそれほど摂取する習慣がない方も、食生活が偏っていたり、肥満や糖尿病などの体質の方は...