オルニチンが肝臓に良い理由とは?

オルニチンが肝臓に良い理由とは?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンが肝臓に良い理由とは?

肝臓は、体の中で500以上の仕事をしていると言われており、私たちの健康維持に大きな役割を果たしています。主な役割として、「栄養分の変換(代謝)」、「有害物質の解毒」、「ブドウ糖の供給」、「胆汁の生成」が挙げられます。

 

中でも、アルコールの代謝は、最も有名な肝臓の仕事ではないでしょうか?オルニチンは、このような様々な役割を担っている肝臓を助ける効果があるのです。では、どのように、オルニチンは肝臓の働きを助けているのでしょうか?

 

オルニチンはアンモニアを解毒する

食事をしたり、運動をしたりして生きていると、体の中には、アンモニアと呼ばれる有毒な物質が溜まっていきます。このアンモニアを分解する場所が肝臓です。

 

オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれ、体中を血液に溶けて巡り、肝臓で、このアンモニアを分解し、尿素という無毒な物質に解毒する働きがあるのです。このアンモニア分解システムは「オルニチンサイクル」と呼ばれ、オルニチンサイクルがスムーズに動くことによって、アンモニアが肝臓に蓄積されることなく、

 

肝臓がスムーズに機能できるのです。肝臓がスムーズに機能すれば、先に挙げた、アルコールの分解や、ブドウ糖の供給、代謝、胆汁の生成など、全ての肝臓の働きがスムーズに機能し、健康な状態を保つことができる、というわけです。

 

肝機能に良い食生活、良くない食生活

では、肝臓に良くない食事、生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?皆さんよくご存知のように、アルコールの飲み過ぎは、肝臓に負担をかけます。

 

また、食べ過ぎも肝臓が働き続けることになるため、負担をかけます。また、油の多く含まれる食事や、プロテインの過剰摂取も消化に時間がかかり、肝臓を疲れさせる原因になります。加えて、スナック菓子などに多く含まれる食品添加物や農薬は、肝臓の主な役割の一つである解毒作用を活性化させる必要がありますから、負担になります。

 

一方、肝臓に良い食生活とはどのようなものが考えられるでしょうか?ビタミン、ミネラルを多く含む食品を積極的に摂取することが、肝機能の維持に効果的です。

 

また、大豆や豆乳など、良質なタンパク質を多くとることも肝臓に負担をかけません。また、しじみは、タウリンやオルニチンといった、肝臓に優しい成分が沢山入っています。タウリンは肝臓の中に溜まったコレステロールを別の物質に変えて体の外に排出する効果がありますし、オルニチンは、先程挙げたように、分解作用を促進します。

 

食生活を改善することで、肝臓の負担はかなり軽減できます。タウリンやオルニチンなどの肝臓に優しい成分を含んだ食品を沢山摂り、健康な毎日を送りましょう。