オルニチンに副作用はある?

オルニチンに副作用はある?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンに副作用はある?

オルニチンは、二日酔いを解消したり、疲れやだるさを軽減したりする効果のあるアミノ酸としてよく知られています。このオルニチンは、元々体の中に備わっているのでしょうか?それとも、外から補充しなければ体の中には一切存在しないのでしょうか?

 

実は、元々体の中にも備わっているのです。オルニチンの生みの親はアルギニンと呼ばれるアミノ酸です。アルギニンは、体の構成要素であるタンパク質を構成しているアミノ酸で、大人になると体の中に常に存在しています。このアルギニンが体内で分解されるとオルニチンになるのです。

 

そういう意味では、アルギニンを飲めば十分じゃないか、と考えられる方もいらっしゃるでしょう。確かにその通りで、アルギニンサプリもありますし、アルギニンとオルニチンを合わせ飲むことで相乗効果が出るという意見もあります。

 

ただ、アルギニンは、オルニチンよりも肝臓や腎臓に負担をかけるため、肝臓や腎臓に障害がある方は控えた方がよいでしょう。まずは、医師に相談の上、オルニチンのみで体調の変化をみることをオススメします。では、オルニチンには副作用はあるのでしょうか?

 

オルニチンの副作用?

結論からいうと、オルニチンのみを大量に摂取したところで、重大な副作用はないと言われています。オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれ、タンパク質をつくる役割ではなく、血液中に入って体中を巡ることによって、代謝や分解を助ける働きをします。

 

このため、体に蓄積されていくことがなく、不必要になった分は、尿と一緒に体外に排出されるので副作用があまりない、と考えられます。

 

オルニチンの飲み方

普段の食事で、オルニチンを大量摂取することはまずあり得ませんが、オルニチンサプリの場合ですと、過剰摂取もあり得ます。まずは、500mg程度から始められ、体調をみながら次回以降の摂取量を決められるとよいと思います。また、空腹時にオルニチンサプリを飲んで、胃痛になったという報告もありますので、できるだけ食後の消化のよい時に合わせて飲むことをオススメします。

 

また、オルニチンサプリを飲む場合、オルニチン以外の成分も含まれていますので、サプリを過剰摂取した場合、オルニチン以外の成分を過剰摂取する可能性があり、それが原因で体調を崩す可能性があります。サプリのオルニチン以外の成分をよくチェックし、医師と相談しながら、自分の体質に問題ないか確認することも大切です。

 

どんなサプリでも過剰摂取は体に負担をかけます。自分の体質に合った用量とタイミングを守って、焦らず少しずつ体質改善をしていきましょう。