肝機能改善・脂肪肝対策での効果的な飲み方

肝機能改善・脂肪肝対策での効果的な飲み方|サプリメントはオルニチン大学

MENU

肝機能改善・脂肪肝対策での効果的な飲み方

寝起きが悪い、疲れが溜まって一日中体がだるい等、生活の中で様々な症状を持ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?原因としては、色々考えられるでしょう。

 

人間関係のストレス、過労、睡眠不足、食べ過ぎ、飲み過ぎ等、生活の中で、私たちは心と体を知らず知らずの内に酷使しています。その結果、体の様々な機能(ホルモンバランスや消化、代謝など)がスムーズに働かなくなってくることが多いのです。

 

特に、肝臓などの体にとって重要な様々な働きを担っている臓器は、働きが鈍くなると生活の質に直接影響してきます。ここでは、弱った肝臓の働きを取り戻す効果があると言われている、オルニチンについて紹介します。

 

オルニチンの働き

オルニチンは、肝臓の働きを助けるため、日々の生活で疲労が溜まった肝機能を改善する効果があります。オルニチンは、肝臓の働きの中でも、特にアンモニアの分解に関わっています。

 

アンモニアは、体にとっては有毒な物質で、過剰に溜め込むと、肝機能の低下はもちろん、体の調子が悪くなってきます。日々の疲れが溜まっている時などは、肝機能も低下しているため、アンモニアの分解もスムーズに進みません。そこで、オルニチンを補充してやることで、アンモニアの分解をスムーズに進むようにしてやるのです。

 

最近は、オルニチンサプリという、オルニチンを凝縮したものも販売されているので、効果的にオルニチンを摂取するには、そのようなサプリメントを利用することもオススメです。

 

もちろん効き方には個人差がありますので、少しずつ試して効果を見ながら摂取量を調節していくとよいでしょう。病院で出される薬とは違って、ある量をあるタイミングで必ず飲まなければいけない、と決まりはありません。朝、昼、夜と分けて飲んだり、寝る直前に飲んだり、と試しながら、自分にとって最も効果が出やすい量とタイミングを探して行きましょう。

 

脂肪肝対策にも

脂肪肝とは、肝臓にコレステロールが過剰に溜まっている状態のことを言います。飲み過ぎや食べ過ぎによって、肝臓への負担が蓄積して起こることが多いです。

 

オルニチンは、アンモニアの分解を助けることで肝機能をサポートしますし、タウリンも、肝臓に溜まったコレステロールを代謝し、体の外へ排出する効果があります。これらの成分を効果的に補うことで、脂肪肝を未然に防ぐことにもつながります。

 

生活習慣を改善していくことにより、様々な病気を未然に防ぐことができます。食生活を見直したり、運動を取り入れたりすると共に、サプリメントで体の機能をサポートしましょう。