オルニチンの効果〜代謝アップ・ダイエット効果

オルニチンの効果〜代謝アップ・ダイエット効果|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜代謝アップ・ダイエット効果

体の健康を考えていらっしゃる方は、コレステロールを溜めないように気をつけたり、ダイエットで内臓脂肪を減らすことを試みたりされているのではないでしょうか?

 

コレステロールや内臓脂肪は、さまざまな病気の原因になるため、早めに対処することが大切です。特に最近は、生活習慣病と呼ばれる、生活習慣の乱れが原因で発症する病気も多いですので、予防的な観点から常に体の調子をチェックしておくことも大切です。

 

生活習慣病の予防にオルニチン

この生活習慣病の予防に効果がある、オルニチンという成分をご存知でしょうか?

 

オルニチンとは、私たちの体の中を血流に乗って巡っているアミノ酸の一種です。特に肝臓で、有毒なアンモニアの解毒を助ける働きをしています。

 

オルニチンが既に体内にあるのなら、必要ないではないか?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。過労や睡眠不足など、生活習慣が乱れてくると、臓器の働きも鈍ってきます。肝臓も例外ではありません。

 

肝臓が弱ってくると、解毒できないため、体の中に有毒なアンモニアが溜まってきます。この溜まってきたアンモニアを解毒するには、体の外からオルニチンを補う必要があるのです。

 

一時的にオルニチンを摂取するだけでは、生活習慣病の対策にはなりません。生活習慣の改善と共に、継続的に摂取する必要があります。

 

代謝を助けるオルニチン

よく、「体の基礎代謝を上げよう!」と言いますが、代謝とはなんでしょうか?

 

代謝とは、筋肉、血液、脂肪などの体を構成している物質を創り出したり(同化)、私たちの日々の活動に必要なエネルギーを創り出したり(異化)することです。ダイエットでは、いかにたくさんエネルギーを消費するか、つまり後者の異化に焦点が当てられることが多いでしょう。

 

基礎代謝とは、この異化の一種で、呼吸、内臓を動かす、体温を調節するなど、安静にしていても消費されるエネルギーのことです。私たちが生活の中で行う代謝の中で、この基礎代謝が約70%を占めます。これまで、最も基礎代謝がよく行われる部位は筋肉である、と考えられていましたが、実は肝臓が最も消費量が多く、基礎代謝の27%を占めます。

 

つまり、肝臓の機能を上げることが、基礎代謝を上げることにつながるのです。オルニチンは、肝臓の働きを助けますので、基礎代謝の向上にも効果が期待できるのです。

 

食事制限をするなど体に負担をかけたダイエットに走るよりも、まずは基礎代謝をあげることが、効率的なエネルギー消費につながります。生活習慣の改善と共に、オルニチンを継続的に摂取し、基礎代謝の向上にトライしてみましょう。