オルニチンの効果〜脂肪肝の進行抑制と改善効果

オルニチンの効果〜脂肪肝の進行抑制と改善効果|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜脂肪肝の進行抑制と改善効果

肝臓の症状の一つに脂肪肝が挙げられます。脂肪肝とは、簡単に言うと、肝臓にコレステロールや中性脂肪が溜まった状態のことを言います。健康な状態でも、肝臓には肝臓の総重量の3〜5%の脂肪が含まれていますが、脂肪肝になると、5%を超えます。

 

原因としては、食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎが挙げられます。

 

脂肪肝の基本的な解決法としては、食生活や生活習慣の改善が大きなポイントです。最近は、肝臓の働きを助けるためのサプリメントも販売されており、タウリンやオルニチンが含まれたサプリが効果的と言われています。

 

まず、脂肪肝の基本的な解決法である生活習慣の改善からご紹介しましょう。

 

脂肪肝の改善は生活習慣の改善が重要

 

1.食事内容を改善する

食事内容は、私たちの体を構成するために大変重要な役割を担っています。脂肪肝の場合、脂肪分や糖質の多い食事が要注意です。脂肪分が多く含まれている肉やバターは、できるだけ控えた方がよいでしょう。普段よく食べる白米も糖質を豊富に含んでいるので、白米摂取量を2割?3割減らすことも効果的です。また、お菓子等による白砂糖の摂取もできるだけ抑えた方がよいでしょう。

 

2.食事時間を改善する

適当な量を適当な時間に食べることが大切です。例えば、朝食を食べないで昼まで仕事をすると、昼食で得たエネルギーを一気に体に溜め込もうとするため、体にコレステロールや中性脂肪が溜まりやすくなります。また、夜遅くに食べると、エネルギーを消費しきれずに睡眠に入ることになり、これもコレステロールや中性脂肪を蓄積し、脂肪肝を促進する原因になります。朝食もきちんと摂り、夜遅くの食事は控えることが大切です。

 

3.飲酒を控える

飲酒は、中性脂肪の合成を早める働きがあります。脂肪肝の対策として、まず行うべきは、アルコールをできるだけ飲まない習慣を身につけることである、と言っても過言ではありません。

 

4.適度な運動をする

運動は、体内のコレステロールや中性脂肪を消費するので、脂肪肝を抑える効果があります。短時間で終わる無酸素運動よりは、長時間の有酸素運動(ウォーキング等)が脂肪の燃焼には効果的です。また、筋肉には、肝臓の代わりに、有害物質の分解を助ける働きもありますので、適度な運動で筋肉を動かすことは大切です。

 

脂肪肝対策にオルニチンやタウリン

オルニチンやタウリンは、肝臓の働きを助ける効果があります。例えば、オルニチンは、肝臓の解毒作用を助けることにより、肝臓の代謝機能(脂肪などの栄養分を体が吸収しやすい他の物質に分解する働き)を活性化し、中性脂肪の分解を促進します。

 

また、タウリンも、肝臓に溜まったコレステロールを代謝し、体の外へ排出する効果があります。最近は、オルニチンやタウリンのサプリメントで、食事で足らない分を補うこともできます。

 

脂肪肝対策には、まず食生活を中心とした生活習慣の改善が重要です。それと共に、オルニチンやタウリンのサプリメントを摂取して、肝臓の負担を和らげる生活を送りましょう。