オルニチンの効果〜成長ホルモン分泌の促進

オルニチンの効果〜成長ホルモン分泌の促進|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜成長ホルモン分泌の促進

オルニチンは、二日酔いの症状改善や、目覚めが良くなる、ストレスに強くなる等、様々な効果が報告されています。なぜ、オルニチンは、このように多くの良い効果を私たちにもたらしてくれるのでしょうか?

 

アルコールの過剰摂取や過労、寝不足などにより、有害なアンモニアが体内に蓄積されていくと、肝機能全体の働きが弱まってきます。

 

これは、有毒なアンモニアを解毒する、という肝臓の働きに負担をかけることに起因します。このような肝機能が衰えている時に、オルニチンを補うことによって、肝機能の働きを改善し、疲労感を解消する効果があるのです。疲労感の解消は、当然、健康感を増進しますし、ストレスも和らげることにより、疲労により荒れた肌質の方の肌の弾力やしみを改善する効果もあると言われています。

 

ここでは、オルニチンが持っている成長ホルモンの分泌を促進する効果についてご紹介しましょう。

 

オルニチンによる成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンは、脳の下垂体前葉と呼ばれる部位から分泌されるホルモンで、骨や筋肉などの成長に関する作用を促進する働きがあります。また、タンパク質や炭水化物などの栄養分を体が吸収しやすい物質に変える、代謝作用も促進します。

 

その他、血糖値を一定に保ったり、体の全般的な生理機能を安定に保つ効果もあります。

 

肝臓では、成長ホルモンの分泌に深く関わっているIGF-I(ソマトメジン-C)と呼ばれる物質が作られており、このIGF-Iが成長ホルモンの分泌量を調べる際の重要な指標の一つとなっています。

 

オルニチンが肝臓の働きを助けることを考えれば、オルニチンによって、IGF-Iの生成と共に、成長ホルモンの分泌が促進される可能性は多いにあります。

 

実際、オルニチンにより肌質が改善される、という報告もあり、オルニチンによる成長ホルモンの分泌促進との関連性について更なる研究が進められています。

 

成長ホルモンによる肌質の改善

成長ホルモンが最も分泌されるのは、睡眠中であるため、睡眠前にオルニチンを摂取することで、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。成長ホルモンには、コラーゲンの合成を促進する作用や、細胞の増殖を促進する作用があることが知られており、疲れによる荒れた肌質を弾力のある肌質に改善する可能性も示唆されます。

 

成長ホルモンは、私たちの成長や代謝に欠かせないホルモンです。オルニチンを効果的に摂取しながら、成長ホルモンの分泌を促進し、肌質の改善にトライしてみましょう。