オルニチンの効果〜利尿作用で体内毒素を排出・解毒

オルニチンの効果〜利尿作用で体内毒素を排出・解毒|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜利尿作用で体内毒素を排出・解毒

最近、オルニチンサプリメントと呼ばれるオルニチンを凝縮したサプリメントが販売されています。オルニチンは、私たちの健康によい効果をもたらすという報告もたくさんありますが、オルニチンは私たちの体でどのような働きをしてくれているのでしょうか?

 

オルニチンの役割

オルニチンとは、遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種で、もともと体の中に存在し、血液に溶けて体中を巡っています。通常のアミノ酸は、タンパク質を構成し、筋肉、血管、皮膚、髪の毛などの体全体の構成要素になっていますので、オルニチンは、ちょっと変わったタイプのアミノ酸と言えるでしょう。このオルニチンは、肝臓でのアンモニアの解毒作用に関わっています。

 

まず、アンモニアがオルニチンと反応すると、シトルリンと呼ばれるアミノ酸に変化します。このシトルリンが、再びアンモニアと反応すると、アルギニンと呼ばれるアミノ酸に変換されます。そして、このアルギニンが水と反応することによって、オルニチンと尿素に変換されます。

 

トータルで見てみると、有害なアンモニアが、無害な尿素とオルニチンに変換されています。尿素は体外に排出され、オルニチンは、アンモニアの解毒に再利用されます。このようなアンモニア解毒サイクルは、オルニチンサイクルと呼ばれ、肝臓の最も重要な働きの一つです。

 

オルニチンは、肝臓の負担を軽減

このように、肝臓の解毒作用の関わっているオルニチンですが、肝機能が弱っている時には、オルニチンサイクルも効率よく働きません。そこで、オルニチンを補ってやることで、オルニチンサイクルを正常に働かせることが可能になるのです。

 

オルニチンサイクルが正常に働き始めると、肝臓の他の働きに対する負担も和らいできます。例えば、代謝やブドウ糖の生成が挙げられます。特に代謝は、肝臓のミトコンドリアと呼ばれる場所で行われ、私たちの活動エネルギーとなる(アデノシン三リン酸)を作り出しています。

 

この作用は、TCAサイクルとも呼ばれています。オルニチンサイクルをうまく働かせることで、TCAサイクルもうまく働くようになる、という好循環が生まれます。TCAサイクルがうまく働くようになれば、活動エネルギーが十分に作られるわけですから、疲れにくくなります。

 

オルニチンによる体質改善は、生活習慣病の予防につながります。

 

解毒、代謝など、重要な役割を担っている肝臓の働きをサポートするために、オルニチンサプリを継続的にお試しされてはいかがでしょうか?