オルニチンの効果〜肝機能の改善効果

オルニチンの効果〜肝機能の改善効果|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜肝機能の改善効果

肝臓は、私たちの健康にとって重要な役割を担っています。役割として最もよく知られている働きの一つが、アルコールの解毒作用でしょう。アルコールは薬物として医療でも用いられますが、肝臓の解毒作用が働かなくなってしまえば、私たちの命を脅かす毒物になってしまいます。

 

しかし、私たちは、肝臓の解毒作用が正常に働いているおかげで、適度な飲酒を楽しむことができるのです。他にも、摂取した栄養物を体が吸収しやすい成分に変換する(代謝)、脳が必要とするブドウ糖を供給する、胆汁と呼ばれる消化液を生成、分泌する等が挙げられます。

 

最近、私たちの健康に良いと注目されているアミノ酸の一種であるオルニチンですが、このオルニチンは、上で挙げた肝臓の様々な機能を改善する効果を持っています。

 

では、どのように肝臓の働きを助けるのでしょうか?

 

オルニチンによるアンモニアの解毒作用

食事、運動などの日常的な行動によって、また、飲酒によるアルコールや仕事によるストレスによって、体の中には、有毒なアンモニアが溜まっていきます。オルニチンは、肝臓におけるアンモニアの解毒を助ける働きがあるのです。

 

まず、オルニチンは、アンモニアと結合し、シトルリンと呼ばれるアミノ酸に変化します。このシトルリンが、再度アンモニアと反応すると、アルギニンと呼ばれるアミノ酸になります。最後に、アルギニンが水と反応し、オルニチンと尿素が生成され、尿素は体外に排出され、オルニチンはアンモニアの解毒に再利用されます。この解毒システムは、「オルニチンサイクル」と呼ばれています。

 

このオルニチンサイクルが正常に働かず、アンモニアの解毒が追いつかなくなり、アンモニアが体内に溜まっていくと、私たちが生きるためのエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)や、ブドウ糖(グルコース)を生成しているミトコンドリアの働きが妨害され、肝臓の働きが鈍り、体全体に疲れが溜まっていくことになります。

 

オルニチンの補充

オルニチンサイクルが正常に機能し、肝機能が正常に機能するためには、血液中に十分な量のオルニチンが存在している必要があります。健康な時なら問題ないのですが、ストレスや寝不足、アルコールの飲み過ぎ等で肝臓の機能が弱ってくると、オルニチンサイクルが正常に機能せず、アンモニアの分解は元より、栄養物の代謝やブドウ糖の生成などの肝臓の働きが全般的に弱ってきます。

 

このような肝機能が弱まった状態が長く続くと、全身に疲労感が蓄積されていくのです。

 

そこで、オルニチンを食物やサプリメントから補充することがポイントです。食品の中では、しじみやヒラメ、キハダマグロ、えのき、ヒラメ、チーズなどがオルニチンを多く含む食品としてよく知られています。ただ、食品では、弱った肝機能に十分なオルニチンを補充できない可能性も多いため、オルニチンサプリメントの利用も効果的です。

 

サプリメントの効果は個人差がありますので、効果を実感しながら、自分に合った用量を知っていくことが大切です。