オルニチンの効果〜二日酔い対策に

オルニチンの効果〜二日酔い対策に|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンの効果〜二日酔い対策に

オルニチンと言えば、二日酔いに効く成分ということでよく知られています。そもそも二日酔いとはどのような症状なのでしょうか?まず、アルコールはアセトアルデヒドという物質に代謝されます(代謝とは、体内で、ある物質が化学反応により、他の物質に変換されることです)。

 

このアセトアルデヒドが、酵素により酢酸に変換され、最終的に水と二酸化炭素になって、体の外に排出されていきます。二日酔いとは、この過程の途中の産物である、アセトアルデヒドという毒性のある物質が体内に溜まっている状態の時に起こると言われています。

 

もちろん、二日酔いの原因として他の理由も考えられ、今なお研究されていますが、アルコールの代謝が速く進めば、二日酔いの症状が和らぐことは間違いないでしょう。このアルコールの代謝を速めるためにオルニチンが役立つのではないか、と考えられるのです。

 

アルコール代謝を促進するオルニチン

オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれ、血液に溶けて体中を巡っています。このオルニチンは、肝臓において、アンモニアの解毒作用に重要な役割をしています。オルニチンサイクルと呼ばれる、この解毒サイクルは、アンモニアを最終的に無毒な尿素に変えて体の外に排出する働きを担っています。

 

肝臓で動いているのは、このオルニチンサイクルだけではありません。

 

アルコールなどの代謝や活動エネルギーの元となるATP(アデノシン三リン酸)の生成も行われています。オルニチンサイクルがスムーズに機能することで、これらの他の機能もスムーズに機能するようになるのです。その結果、アルコールの代謝も進み、二日酔いの症状も和らげることができる、というわけです。

 

オルニチンをいつ飲むか?

最近は、オルニチン成分を凝縮したオルニチンサプリメントも販売されています。

 

サプリメントですので、薬と異なり、使用方法は特に決まっておらず、使用量やタイミングも個人に任されている部分が大きいです。オルニチンが二日酔いに効くとはわかっていても、いつ飲めばいいのか、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

基本的には、アルコールを飲む前後がよい、と言われています。アルコールを飲む前にオルニチンを飲み忘れた!という方でも、アルコールを飲んだ後でオルニチンを飲んでも全く問題ないでしょう。

 

ただ、オルニチンをいくら摂取しても、生活習慣が変わらなければ体質改善は望めません。オルニチンで肝臓の働きをサポートしながら、徐々に生活習慣を変え、生活習慣病の予防に取り組まれることをお勧めします。