肝臓の数値が高いとどうなるか?

肝臓の数値が高いとどうなるか?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

肝臓の数値が高いとどうなるか?

肝臓の数値とは

健診で肝臓の数値を指摘される方も多いと思いますが、そもそも肝臓の状態の指標となる数値にはAST(GOT)とALT(GPT)があります。これらは、もともとは肝臓の中にある酵素の一種のため、血液の中に一定量はあるもの、過剰に出てくる事はありません。

 

しかし、飲酒やストレス、薬剤の摂取、ウイルスなどにより肝臓の細胞が壊された際に、血液中に大量に出てきてしまいます。この時にAST(GOT)、ALT(GPT)を測定すると高値となっているのです。AST(GOT)は心筋、肝臓、腎臓、骨格筋などに分布していますので、ASTが上がっている場合はこれらの部位の病変が疑われます。

 

また、ALT(GPT)は、肝細胞の異常に敏感に反応するため、肝臓や胆道系の疾患の診断の指標となります。健康診断でAST(GOT)、ALT(GPT)の数値が高いと言う事は、何らかの原因で肝臓の細胞が壊されている状態、つまり肝臓が障害されている状態であると言えます。

 

肝臓が障害されている状態では、どの様な事が起こってしまうのでしょうか。この状態を放置しておくと、障害された肝臓が元に戻らず、炎症がどんどん広がり、細胞が死んでしまうため、ある割合で肝炎から肝硬変、肝癌へと進展していく可能性があります。

 

肝臓のサインを見逃さないために

肝臓は合成、貯蔵、解毒、排泄など体にとって重要な多くの働きをしています。肝臓の健康イコール、全身の健康と言っても過言ではありません。しかし、肝臓は沈黙の臓器と言われているため、AST(GOT)、ALT(GPT)が少々高くても症状としては感じにくいかもしれません。

 

そこで、症状が出た時にはすでに手遅れとなっている場合も多いのです。

 

ですから、健康診断の数値と合わせて、肝臓のサインを見逃さない事が大切です。肝臓が弱ってる時に起こりやすい症状としては、疲れやすい、いつも体がだるい、顔や肌が黄色くくすんでいる事などが挙げられます。多くの肝疾患が肥満やアルコール過剰など、生活習慣に起因している事が分かっていますので、食事、運動を見直す事が必要です。

 

糖尿病が肝疾患の危険因子となっている事も分かっていますので、すでにその様な疾患がある場合がそちらの治療も行うようにしてください。肥満でも特に内臓脂肪型が発病の危険性が高いと言われています。まだ病気まではいっていないが、その予備軍である方の割合は非常に高いと言えますので、病気になる前に対策する事が必要です。

 

肝臓のはたらきをサポートしてくれるサプリメントの摂取も健康維持に非常に役立ちます。
効率良く栄養素が摂れる良質のものを選んで、毎日継続していく事と良いでしょう。