しじみが肝臓に良いのは何故?

しじみが肝臓に良いのは何故?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

しじみが肝臓に良いのは何故?

しじみの栄養素

しじみは古来より二日酔いの特効薬として知られ、肝臓に良い食材として認識されてきました。その代表的な栄養素がアミノ酸です。特に必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれており、その他にも、タウリン、アラニン、ビタミンB12などを含み、非常に栄養価の高い食品です。バランス良く含まれる必須アミノ酸は、アルコールにより傷ついた肝細胞の修復を助けます。

 

肝細胞はたんぱく質からできているため、修復にはたんぱく質の合成を促進する必要がありますが、たんぱく質の原料となるアミノ酸のうちどれかひとつでも欠けてしまうと、合成がスムーズにいきません。その点、しじみはアミノ酸バランスが良いため、効率的にたんぱく質の合成ができるのです。

 

しじみに含まれるアミノ酸のうち、アラニンとグルタミンはアルコールを代謝する酵素の活性を高める働きがあります。また、メチオニンが肝臓の働きを助けます。さらに、タウリンが胆汁の排出を促すため、肝臓の解毒作用を活発にします。

 

肝臓ではたらくオルニチン

そもそも肝臓は、合成、貯蔵、解毒、排泄など体にとって重要な働きをなしています。昔から重要なところを肝心要と表現してきた様に、肝臓は生体の維持に欠かせない臓器です。

 

しじみに含まれる栄養素で特徴的なのが、オルニチンで、その含有量は他の食品と比べ群を抜いています。オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、多くのアミノ酸がたんぱく質の合成に使われるのとは異なり、血液に溶け込んだ状態で体内をめぐります。肝臓ではオルニチン回路という経路で、人間の体にとって有害なアンモニアの解毒を行っているのです。

 

アンモニアは、エネルギー生産を妨げる原因物質であるため、アンモニアの分解が停滞すると疲労しやすくなります。そこで、オルニチンは効率的なエネルギー生産にも貢献していると言えます。

 

しじみの摂り方

しじみは味噌汁で摂る事が多いと思いますが、味噌というのもポイントです。味噌に含まれるコリンという成分がレシチンという物質の材料となり、肝臓に入ったアルコールが脂肪として蓄積されるのを防ぎます。しじみ汁は汁だけでなく、しじみ自体にも栄養が詰まっていますので、しじみも残さず食べるとより効果的です。

 

このように、しじみには多くの優秀な栄養が詰まっているため毎日食事に取り入れるのが理想ですが、なかなかそうはいきません。そこで、サプリメントで手軽に、安定して栄養を補給していく事がおすすめです。しじみの栄養を取り入れて、毎日を健康で快適に過ごしましょう。