オルニチンを飲むと酔わない?

オルニチンを飲むと酔わない?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

オルニチンを飲むと酔わない?

「二日酔いの軽減にはオルニチンが効果的」とよく言われていますので、二日酔いの症状の強い方は、オルニチンサプリメントを試されている方も多いのではないかと思います。

 

アルコールを飲むと私たちの体の血中のアルコール濃度が上がり、脳が麻痺する、いわゆる「酔っぱらう」状態になるわけですが、オルニチンには、「酔わない」ようにする効果があるのでしょうか?

 

オルニチンはアルコール濃度を抑制する

同じ量のアルコールを摂取しても、酔いやすい人と酔いにくい人がいますが、その違いは、肝臓のアルコール分解能力の違いにあります。肝臓の働きが活発な方は、当然酔いにくいですし、肝臓が弱っている方は酔いやすいと言えるでしょう。

 

オルニチンは、血中のアルコール濃度を抑制し、「酔いにくくする」効果があることが、マウスによる実験で報告されています。どのような仕組みで酔いにくくなっているのかについて、今なお詳細な研究が進められています。おそらく、オルニチンにより肝臓の働きが活性化することにより、アルコールの分解が促進されたからではないかと考えられます。

 

オルニチンによる二日酔い防止

オルニチンは、肝臓において、アンモニアの解毒に関わっており、その解毒システムはオルニチンサイクルと呼ばれています。一見、オルニチンサイクルは、アルコールの分解とは関係なさそうに見えます。しかし、肝臓には様々な機能があり、それぞれがつながっているのです。

 

つまり、オルニチンサイクルをスムーズに働かせることで、他の肝臓の機能(例えばアルコールの分解など)も活性化され、間接的に二日酔いを予防できる、ということになります。

 

オルニチンが、直接アルコールを分解したり、アルコールの分解物であるアセトアルデヒドと呼ばれる毒素の分解に携わっているわけではないことを念頭に置いておくとよいでしょう。

 

オルニチンサプリの飲み方

オルニチンを飲んだからと言って、全く酔わなくなったり、二日酔いが「完全に消える」ことはあまり期待しない方がよいでしょう。しかし、酔いや二日酔いを「抑える」効果は期待できます。

 

アルコールを摂取する前や摂取中、摂取後、いずれのタイミングでオルニチンを摂取しても、効果は期待できます。

 

オルニチンを過剰に飲んだとしても、オルニチンで使われなかった分は尿で排出されますので、無駄になってしまいます。最初は1日500mg程度から始めて、効果を見ながら摂取量を調節していきましょう。サプリメントの摂取と共に、生活習慣の改善にトライして、生活習慣病の予防に努めましょう。