日本製のサプリと海外製サプリはどちらがいい?

日本製のサプリと海外製サプリはどちらがいい?|サプリメントはオルニチン大学

MENU

日本製のサプリと海外製サプリはどちらがいい?

サプリメントとは

サプリメントとは、食事を補う栄養補助食品全般を指します。日本でのサプリメントの歴史はまだ浅いですが、最近は健康寿命を延ばしたり、病気を未然に防ぐ風潮があるため、サプリメントが非常に注目されています。日本製と海外製のサプリメントには大きな違いがありますので、それぞれの特徴を知った上で適切な商品を選びましょう。

 

日本では、サプリメントは、薬事法などにより厳しく規制されています。そこで医薬品の様な、疾病治療の機能はなく、あくまでも食事の延長で、健康を補助するものという位置づけです。

 

効果と言うよりは、安全性が何よりも重視され、有効成分の含有量も少なめとなっているため、指示量の摂取では効果を感じにくいかもしれません。しかし、粒の大きさや味などは消費者目線で飲みやすい工夫がされている場合が多いです。値段は海外製と比較して高めと言えますが、品質管理もきちんとされていて、何かあった場合の対応も国内の企業の方が安心かもしれません。

 

日本製と海外製の比較

一方、海外製は、ここではアメリカ製を例に挙げたいと思いますが、政府が認定してきたため歴史も古く様々な種類のサプリメントがあります。また、安全性もさる事ながら、有効成分の含有量が多いため、効果を感じやすいかもしれません。

 

ただし、粒の大きさはかなり大きく、ご高齢の方や錠剤が苦手な方には厳しいかもしれませんが、どろっとしたフルーツジュースなどで摂取すると比較的スムーズに飲み込めますので、この問題はある程度クリアできます。また、同じ成分量で比較した場合、日本製のサプリメントよりも値段が安い事が多いです。ただし、海外製とひとくくりにしても、様々ありますので信頼できる企業の商品を選ぶ事が必要です。

 

サプリメント初心者の方には日本製が手軽かもしれませんが、かなりの効果を期待したい、豊富な種類から選びたいと言う方には海外製もお勧めです。その場合は、すでに摂取している知人などから話を聞いたり、口コミなどを参考にしてみると良いでしょう。

 

医薬品もそうですが、日本製と海外製では試験のデータが前者は日本人、後者は海外の方という事になります。そこで、様々な効果や副作用などが確認されて、安全性を担保して市場に出されますが、サプリメントも医薬品まで厳密ではないにせよ同様の経過をたどります。

 

日本製は日本人のデータがより豊富で、日本人の体に合いやすいと言えますし、海外製を選ぶ場合もきちんと安全性を確認するような試験を行っているかなどをチェックなさるのがよいでしょう。